Rock Carnival #4&Rock Carnival#5

ロック・カーニバル#4はフリー公演、そして#5はシカゴ公演でした。
フリーは待望のブリティッシュ・ロック初体験です。「オール・ライト・ナウ」で絶頂期のフリーが最高でなかったはずはありません。ベースを弾くアンディー・フレイザーのねちっこい動きやポール・ロジャースのマイクさばきは印象的でした。
二日目はなんとオールナイトで未成年だった私がよく出かけたものです。この日のアンコールの時にちょっとしたトラブルがありステージを蹴散らしてオーストラリアへ向かったフリーは解散してしまいました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail