1978 part.1

1977年のコンサートの記憶は抜け落ちています。’77年といえばイギー・ボップが「イディオット」で復活した年です。しばらくくすぶっていたロックが元気になった感じがしました。そしてパンク・ロックの時代が到来します。

スコーピオンズは「荒城の月」を演った事が話題になりました。この時の演奏は「東京テープス」に収められています。

西武劇場のタシ演奏会ではメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」を演ったようです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail