「Blog」カテゴリーアーカイブ

rock carnival #1

1969年夏にアメリカで開催されたウッドストック・ミュージック・アンド・アート・フェスティバルに触発されて、日本でも大小様々なロック・フェスが開催されるようになりました。 ウッドストックを見てきた成毛滋が始めた「10円コンサート」やニュー・ミュージック・マガジン主催の「日本ロック・フェスティバル」等がその濫觴でしょうか。 70年、第3回目の「日本ロック・フェスティバル」にアメリカからスビリットが来日予定でしたがドタキャンになったり、大坂万博にカナダからライトハウスが来日したり、同じく万博に来ていたイギリスのアライヴァルが日比谷の野音でフリー・コンサートを開くなどしました。チケットは残ってませんが私もそれらのうちのいくつかを見に行った記憶があります。 そして、70年の暮れ、「日本ロック・フェスティバル」にも関わっていたキョードー東京が主催で始めたのが「ロック・カーニバル」のシリーズです。 その第一回はイギリスからジョン・メイオールを呼んで有楽町の日劇で一週間にわたって繰り広げられました。ジョン・メイオールはレコードも聴いていましたから私にとって憧れの外人ロック・アーティスト体験の第一号だったといえるでしょう。

ジョン・メイオールの69年のアルパム「ターニング・ポイント」はよく聴いていました。この頃からドラムレスの編成になり、来日時もドラムレスで元キャンド・ヒートのラリー・テイラーとハービー・マンデルがサポートしていました。 当時は正直いささか地味に感じましたが、今再び当時のメイオールの音源、来日メンバーにヴァイオリンのドン・ハリスを加えて録音された「USAユニオン」(70)等を聴くととても良いです。当時のメイオールは「Quiet&Peace」をコンセプトにしていて、ドラムレスの編成もその一つの現れでした。レコードのスリーヴを見ると、「ゴミを捨てないで」とか「リサイクルしよう」といった地球環境保全の為のメッセージが書かれています。 会場となった日劇はそれまでロカビリーやGSの殿堂として「ウエスタンカーニバル」をやっていましたから、「ロック・カーニバル」はまさに新しい日本のロックの時代の到来を象徴するイベントとして始まったわけです。 一週間を通して大勢の日本のアーティストが出演しましたが、中でも強く印象に残っているのはイギリスから帰国したミッキー・カーチスのサムライでした。他の多くの日本のバンドと違いサムライはオリジナリティーある本格的なプログレ・ハードでした。これはとても新鮮でした。 そして、このイベントを皮切りに翌71年は怒濤のような外タレ・ラッシュの始まりになるのでした。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

rock of the year 69-70

年末に整理していたら昔のコンサート・チケットを貼り付けたノートが出てきました。ロック・コンサートに行き始めた頃のものです。
そもそも日本のロックが生まれたての時代でしたから日本のロック・コンサートの胎動を目の当たりにしたのは今となっては貴重な体験だったと思います。
最初に紹介するのは1969年12月20日に行ったコンサートのチケットです。かなり初期のロック体験ですが記憶にありません。

1970年1月17日に神田共立講堂で行われたコンサートのチケット。「ミュージック・ライフ」70年1月号の記事によると、主催はジャパン・アーツ。出演バンドは、パワーハウス、エイプリル・フール、成毛滋グループ、エディ藩グループ、かまやつひろし、日野皓正。同じく、あまり記憶にありません。
このチケットはずっと額縁に入れて飾ってありました。

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

Chicken Liberation

【チキン・ルーシーの逆襲】

「みんな、一刻も早く動物の楽園が生まれることを望んでいます」「地球上が、人間に怯えることなく、いろいろな動物でいっぱいになるようにと」チキン・ルーシーの言葉 楳図かずお「14歳」より

楳図かずおの「14歳」は、家畜制度、動物虐待、環境破壊などについて警告を発した大変予言的な物語ではなかっただろうか。
・・・近未来、科学技術は飛躍的に発展し人類は何不自由のない生活をしていた。しかし、それは地球環境を破壊し、他の生物の犠牲の上に成り立ったものであった。ほとんどの動物はすでに絶滅しており、人間はクローン肉を培養して食糧にしていた。地上は大気汚染で住めないので人間は人工太陽が輝く地下都市に住んでいた。
ある時、食肉施設のクローン肉培養タンクの中に浮かぶ一片の人工ササミ肉が突然変異を起こしニワトリ人間が生まれる。彼こそチキン・ジョージだ。
それを最初に見た食肉作業員はこう言う。
「おまえなんか人間に食べられる為に生まれてきたのに!」
しかしチキン・ジョージは天才科学者となり、動物の救い主となる。
チキン・ジョージはこう宣言する。
「わたしの知るところによると、わたしはすべての動物の怨念が集結して生まれた!! その目的は、すべての動物を救うため!!」
チキン・ジョージは「動物の代表」としてあの世からやって来た。そして、人間の遺伝子だけを破壊するウィルス性生命体などを使って人類への復讐を目論む・・・。
やがてチキン・ジョージは人間に恋をしてしまい人類への復讐を断念せざるを得なくなる。さらに、人類が絶滅してしまうと動物たちも生存できなくなってしまうという事が明らかになるのであった。皮肉にも生物は相互依存しながら生物多様性によって地球が維持されているのである。

「動物の代表」として人類に闘いをいどむチキン・ジョージはまさに過激なアニマル・ライツ思想を体現したかのようなシンボリックな存在であるともいえる。しかし、その闘争が挫折してしまう要因となったのは彼の中に潜む「人間性」がめざめてしまったからである。
半獣半人の姿で描かれるチキン・ジョージは「動物の代表」であろうとしながらも「人間中心主義のシステム」との間で葛藤するアニマル・ライツの姿とも読み取れるかもしれない。
一方、ジョージが知能を高くしたニワトリの伴侶チキン・ルーシーの方こそ「人間中心主義のシステム」をことごとく破壊しようとする動物たちの怨念に満ちている。チキン・ルーシーこそ動物にとっての救世主になるはずであったのだが・・・。

2007年1月11日、宮崎県の養鶏場で鳥インフルエンザが発生した。検査の結果インフルエンザH5型のウイルスが検出された。日本での発生は2005年夏以来の事だ。当局はマニュアルに沿って養鶏場の数万羽の鶏を全て殺処分した。1月23日には宮崎県の別の養鶏場で2例目の鳥インフルエンザが発生した…。
2007年1月13日付けのヘラルド・トリビューンによると、香港のショッピング街で六羽の鳥が死んでいるのがみつかり、検査の結果、鳥インフルエンザ・ウィルスによるものとわかった。この鳥は通常は田園に生息する珍しい種類のもので、どうやら香港の仏教徒たちが行っている「放生会」という宗教的儀式の為によく使われるものだと判明した。この鳥は通常何羽かまとめて鳥籠に入れられて運ばれるので一羽が感染すればたちまち他の鳥たちにも感染してしまう。
「放生会」というのは仏教の不殺生の戒律に基づき、飼っている鳥などを放して自由にするというもので、古い時代からの伝統的儀式である。
香港では2006年に年間50万羽から60万羽の鳥が放生会で放されたという。大半はペット・ショップから買ってきた鳥を放すようである。ペット業者が店の鳥を放すのならまだ良いが、店からわざわざ買うのではペット産業を繁盛させる事で新たな動物搾取と虐待を助長する事になってしまう。また、ペット・ショップで買ってきた鳥を野生に放すと多くはすぐに死んでしまうともいうから可哀想な事である。これでは「放生会」の持っていた生命尊重、動物愛護といった本来の主旨に反しているのでははあるまいか?また、鳥インフルエンザの伝播という点からいうと香港当局は鳥が移動して危険なのでこの儀式を止めるように警告している。

周知のように鳥インフルエンザの脅威はウィルスがヒトに感染して 新型インフルエンザウィルスに変異する事だ。その為に素早い封じ込め作戦がマニュアル化されている。だが、結局、大量の鶏を殺すだけの対処法はいかがなものか?むろんそうするのは一番安上がりな方法だからである。
ところで鶏は人間の食用の為に最も大量殺戮される家畜動物ではないだろうか?大多数の人間にとって彼らは人間に食べられる為に生まれてきたただのモノなのだ。彼らは何の尊厳も与えられずモノ扱いされる。鶏の種の中で僅かなものだけがペットや鑑賞動物としてかろうじて生き伸びられるぐらいだ。
こうしたまったく絶望的で悲惨な境遇にある鶏たちを襲った新たな脅威が鳥インフルエンザである。彼らが病気に感染して自然死するのならまだ自然の法則にかなったものと言えるかもしれない。しかし、彼らは人間たちへのウィルス感染が心配だ、という理由で捨てられたり殺されてしまうのであるのだ。
人間は自分たちの世界に都合の良いように動物たちを利用し搾取し虐待して用済みになれば簡単に殺してしまう。私はいつも動物の殺処分のニュースを聞くたびにやり所のない怒りに震える。

日本の鳥インフルエンザは過去の発生状況から主にアジアの劣悪な養鶏場で発生した鳥インフルエンザが渡り鳥を介して日本に上陸したとされている。
国際食糧農業機関などの資料によると、アジアでは、過去40年間に「畜産革命」がおこり、とりわけ養鶏と養豚が急激に拡大した。アジアの養鶏産業は、世界の生産の約40%に相当する約90億羽が飼養され、鶏肉生産ベースで世界の27%、2,000万トンと世界の主要な生産地域になっている。
これまでウイルスに感染して発病するのは、鶏や七面鳥等の家禽に限られ、野鳥は感染してもほとんど発病しないとされていた。だが、05年には中国で渡り鳥が数千羽も死んだ。その発症のメカニズムはまだ解明されていないが、BSEと並び家畜産業の副産物である可能性は拭えない。そうであるならば人災である。もはや養鶏産業の廃止、家畜制度全廃しか鳥インフルエンザから人類が逃れる究極的な方法はないであろう。
鶏の寿命は何年ぐらいだろう。自然な状態で5年から10年、まれに20年ぐらい生きる鶏もいる。
だが、養鶏所の鶏たちに自然な寿命はない。「人間たちに食べられる為」にわざわざ生まれて狭い檻に押し込まれて毎日卵をとられて産まなくなったら無惨に殺されるだけの短い一生である。
私はその鶏たちの事を考えると涙が溢れ人間たちに対する限りない憎悪が生まれる。(2007年1月29日)

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail