カテゴリー別アーカイブ: ’70s Concert Ticket

Rock Explosion 1972

有働(ウドー)音楽事務所主催の「ロック・エクスプロージョン」シリーズは、たぶん72年1月のマンゴ・ジェリーではじまって、2月のCCR、3月のシカゴ再来日(6月に延期)と続いて、4月のチェイスが第4弾です。

5月には第5弾としてテン・イヤーズ・アフターとプロコル・ハルムのジョイント・コンサートが開催されました。お目当てはTYAでしたが、最近プロコル・ハルムのこの時のライブを聴きましたがとても良い演奏でした。B・J・ウィルソンのドラム・ソロも凄かったです。

7月には第6弾としてジェスロ・タルが来ました。私は当時彼らのファンクラブに入っていて大ファンでした。そして、真っ先にチケットをとり最前列で見ました。2時間半に及んだコンサートは「Thick As Brick」を含むたったの3曲だったか?。イアン・アンダーソンは例のチェックのマキシ・コートのいでたちで、他のメンバーもおかしな格好をしていました。途中で寸劇みたいなのを交えたっぷり熱演し、最高のコンサートでした。

さらに第7弾としてエマーソン・レイク&パーマー(再結成したFREEが対バン)が後楽園球場で演りました。エマーソンはオルガンをぶん投げしまいには日本刀で鍵盤をめった刺しにして暴れ回ってました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Pink Floyd March 1972

「ロック・カーニバル」シリーズは#8のエルトン・ジョンで終了したようです。翌72年からはウドー音楽事務所の「ロック・エクスプロージョン」というシリーズで外タレ・ロックのコンサートが盛んに行われるようになります。72年も多くの大物アーティストが来日しました。まず3月にピンク・フロイドが再来日しました。昨年のアフロディーテから僅か半年ちょっと、今度は屋内の会場でしたので前回以上に堪能できました。印象に残っているのはとても素晴らしい音響と照明です。サラウンド・システムのPAを持ち込み照明スタッフも連れて来ていたようです。ステージの背後には24個のライトが上下3列に並んだ照明タワーがあります。てっぺんには回転灯がついていました。このタワーが赤、青、ピンクと色とりどりに輝いて上下に動きます。また、スモークも使っていました。今では普通の演出ですが当時は凄いと感じました。二部構成で一部に「狂気」を演奏しましたが、当時はまだ発売されていなかったのでまったくの新曲でした。二部には「吹けよ風、呼べよ嵐」や「エコーズ」などを演奏しました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

Summer of 1971

1971年には毎月のように大物ロック・アーティストが来日していました。今考えると信じられないメンツです。
7月17日には後楽園ホールで「ロック・カーニバル#6」としてグランド・ファンク・レイルロードの公演が行われました。雷雨の中、数万人の観客が絶叫したという伝説のコンサートです。会場に入りきらない二千人の若者がハレ・クリシュナに煽動されて暴徒と化しフェンスを破壊したり紙クズに放火したりして機動隊も出動して凄い事になりました。
もちろんコンサートも熱狂的なもので、私たちは濡れながらスタンドに立ちすくしていました。その時横にいた友人がはいていたベルボトムのジーンズがとてもカッコ良いと思った記憶があります。
8月6日、7日にはピンク・フロイドが箱根の芦ノ湖で開催された「アフロディーテ」フェスティバルに出演しました。これはたぶん外タレを多数招聘した本格的な野外ロック・フェスの日本で最初の試みでした。ピンク・フロイドの他に1910フルーツガム・カンパニー、バッフィー・セント・メリー他、日本のジャズやロック、フォークのアーティストまで色々出演しました。
その日は雨上がりで何か夢のような気分でした。何か未知なものと出会いにゆく心持ちで会場まで直行の満員バスで揺られた記憶があります。たしか「原子心母」を演ったはずです。
そして9月23日と24日には「ロック・カーニバル#7」としてレッド・ツェッペリンの公演が武道館で行われました。時期的には「III」が出た後でした。チケットを見ると24日は真っ昼間にやったのですね。今思えば、最高にカッコ良かった頃のツェッペリンを見れたという事だけでありがたいです。
さらに、なんとその翌日の9月25日には野音でUFO公演がありました。まだミック・ボルトンがギターだった時代のUFOです。けっこう間近で見たので迫力満点だった記憶があります。僅か1時間程度の演奏でしたがベースのピート・ウェイが最後は指を血まみれになるまで演奏した熱いステージでした。会場はすごい熱気に溢れていて観客は興奮状態でした。ゲタ履きに長髪を振り乱しながら踊り狂うフーテンに圧倒された記憶があります。この日の実況録音はアルバム「UFO/Landed Japan」にもなっています。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail